マカの効果で男女の不妊トラブルを解消できる

男性の生殖機能問題

悩む男の人

無精子症とは精液の中に、繁殖における有能な精子が不在の状態、または著しく少ない状態。2通りのタイプがあり、閉塞性の無精子症では、睾丸で精子は作られていますが、通路が詰まっていて、精子が外に出られない状態を言います。非閉塞性は、そもそも精子を作る機能が何らかの問題で働いていないか、働きが弱い状態となります。閉塞性の無精子症は通路が通れなくなっていることで起こります。尿路の異常や、性感染症などでふさがっていて精子が通れない状態になっています。後者の非閉塞性はもっと深い部分、最初の製造ができていない状態です。精巣に問題があったりホルモンバランスの異常で発生することがあります。無精子症で、不妊の問題を抱えている夫婦も多くいます。まず妊活をするのなら、男女ともに生殖機能に問題がないかを確認しておくのが重要です。問題があれば、改善してから妊活を始めることができます。今妊活中で、上手くいっていないのであれば、それも合わせて相談をするのが良いでしょう。無精子症や生殖機能異常になりやすい生活習慣としては、タバコや飲酒、肥満傾向が挙げられます。健康に気を使うことはもちろん、酔っている時にはまともに造精機能も動きませんので、タイミングも考えることが重要です。肥満は様々な病気の呼び水なので、早めに対策をしましょう。パートナーとも話し合い、しっかり対策や、医師に相談をして十分な猶予を持った妊活を始めるのがおすすめです。