マカの効果で男女の不妊トラブルを解消できる

妊娠前にできるチェック

案内

着床前診断は、妊娠する前の段階で行なわれます。まず問題のない卵子と精子の選別を行なうことで、障害や異常、流産や死産のリスクを軽減することができます。選別した正常な精子と卵子を掛けあわせ受精卵を作ります。作った受精卵を母体に着床させて育成、出産を行ないます。男女の産み分けでも利用されることがありますが、現在日本ではこの産み分けについては禁止されているため、行なう場合には海外での着床前診断が必要です。海外での着床前診断は150万円~500万円程度です。比較的安価なタイでも150万円から250万円程度かかります。それに入院や長期滞在を必要とするため、その旅費や宿泊費も必要になります。産み分け以外であれば、着床前診断は日本で受けることも可能です。日本産婦人科学会の承認がない医療機関、病院や産婦人科院でも可能です。先天的な問題や障害を避けたい、確実に出産したいという場合ならば、日本の病院で着床前診断を受けても良いでしょう。一般的に日本では50万円から100万円程度とされています。承認のない医療機関は少し割高になっているようです。こうした価格や条件から、着床前診断を行なうのには難しいのが現状です。この辺りは、今後、法律や医療、医学の進歩などから改善していくことができれば、多くの不妊に悩む夫婦にも希望が持てる救いの手になるのではないかと考えられています。条件や価格なども含めて、お悩みであれば検討してみてはいかがでしょうか。